健康食品

弊社農業事業部では「琉球ムクナ(ムクナ豆)」の研究・栽培・加工・販売を行っております。

ムクナ豆は様々な効果が認められる自然食品です。

ムクナ豆はネパールが原産のマメ科植物です、ネパールからブータン・タイ・ベトナム北部・中国南部・台湾・沖縄・日本本土南部分に分布し古来は日本でも栽培されていましたが現在では殆ど栽培されていません。

乾燥に強く温かい乾燥がちの土壌での栽培に適しています。農業に於いて緑肥や雑草の軽減効果等もあり一部の国では牧草にも使われており飼料作物としても利用されています。

ムクナ豆に含まれているドーパーは食品として過剰に摂取すると下痢をすることがあるのでアク抜きが必要になります、弊社では焙煎加熱処理を行った物を加工して販売しております。

薬用としての利用がインド・中国・東南アジアで古くから用いられており、中国では血行障害の治療、補血、筋肉増強の薬効が、インドから中国南部ではリューマチ、咳、痰切り等に使われ、マレーシア、フィリッピン、インドでは解熱剤、強壮剤として用いた記録があるそうです。

多量に含まれるL-dopaは脳に於ける神経伝達物質であるドーパミンの前躯体でありパーキンソン病の治療薬として使われています、現在薬用で使われているのは合成品ですがムクナの種子粉末を摂取して改善したとの報告が増えています。

ムクナに含まれるL-dopaの作用として様々な報告がありますが特に「パーキンソン病・瀬川病・ボケ防止・うつ病防止・アルツハイマーの予防」等に個人差はありますが効果があると言われています。

 

画像クリックで弊社が運営する専門サイトへ行きます、販売も行っております。